やはり女性だと気になってしまうが男性の年収ですよね。

それだけで相手を判断しないにしても、選ぶ基準にすることは多いでしょう。

マッチングアプリで高年収の人を見かけることがあれば、やはり本当かどうか気になってしまいますよね。

マッチングアプリの男性の年収って信じてもいいの?盛ってるの?ということについて、考えていきます。

1.年収は自己申告

まずマッチングアプリでは年収は自己申告ということを覚えておきましょう。

収入が分かるような書類を提出する必要なんかありません。なので年収を盛ることも十分出来ます。

女性もやはり体重などを申告するときに少し軽く申告したりしてしまいますよね?年収が高いとモテるというのは誰もが知ってる事実です。

男性も少しでもよく見られたいという気持ちがあるのは間違いないでしょう。

2.少し盛っている可能性が高い

女性が少し体重などをサバ読みするのと同じで、マッチングアプリで男性も年収を少し高く設定して持っている可能性が高いでしょう。

月によって給料が違うなら高い月の給料で計算したり、あと2.30万で100万単位の数字が変わってくるなら少し盛ってしまうでしょう。

例えば年収が200~400万の間で、380万くらいなら400~600万で設定しているでしょう。

ただ400~600万で設定されていたら女性からすると600万もあるとおもうかもしれませんが、実際400万未満ならかなりのギャップがありますよね。

盛ってると感じてしまうかもしれません。

3.職業を書いてない、詳しく書いていない人は盛ってる可能性がある

年収は書いてあるのに、職業を書いていなかったりする人は盛ってる可能性があるでしょう。

業種だけでは年収を判断するのは難しいですが、やはり若くて高年収の人は普通のサラリーマンではなかなか難しいです。

例えば高年収なのに会社員だけ書いてあって、仕事について全く書いていない人も盛ってる可能性があるでしょう。

高年収の人はどんな仕事をしているのか注目して見てみましょう。

4.年収を盛っていたとしても少し

女性もあまりにも体重や身長を盛っていても、バレますよね。

男性も少しは盛っているかもしれませんが、あまりに盛ってもバレることは分かっています。

なので男性の収入を見る時は少しだけ盛っているかなという気持ちで判断した方が良さそうです。

もちろん本当のことを書いている男性もたくさんいるでしょう。

ただあまり信じすぎて後で違ったときにがっかりしないためにも、盛っていると思った方がいいでしょう。