社会人になると、学生時代よりも自由に使える金ができたのに、会社と自宅の間を通うだけの毎日では、意外と出会いが少なくなっていることに気づくはずです。

仕事を覚え、いざ、彼氏が欲しいと思ったら、責任あるポジションに立たされてしまったりします。


1.職場で彼氏を見つける

まず、自分の身近で気になる彼氏を見つけましょう。

最近は、職場恋愛もなかなか難しく、失恋したり、別れたりすると、仕事に支障が出るというリスクが増えるため、男性も慎重です。

しかし、彼氏が欲しいのなら、気になる彼を見つけたら、まずは、アイコンタクトから好意を伝えましょう。


2.学生時代の友達の紹介で彼氏を見つける

仲が良い学生時代の友達と久しぶりに会う時に、知り合いの男性を紹介してもらうという方法があります。

共通の友達を介して話が盛り上がりますし、親しくなるのに意外と時間がかかりません。

彼氏が欲しいあなたにとって、仲の良い友達の紹介ということで安心感もありますね。


3.合コンで彼氏を見つける

とにかく、グループ交際で、合コンというのが、彼氏が欲しいあなたができる、もっとも手軽な方法です。

お酒が入って、楽しい雰囲気の中で男性と会話できる場というのが合コンです。

ただし、楽しむためだけに集まってくる男もいますので、期待外れに終わってしまうことも多いですね。


4.婚活パーティーで彼氏を見つける

合コンよりも多少結婚に意識が高い集まりです。

社会人になると、恋愛イコール結婚という重たいイメージを持ってしまいがちですが、彼氏を作るという意味では、勇気を出して参加してみてはどうでしょうか?


5.共通の趣味から彼氏を見つける

社会人として、オフの時間や休暇をストレス解消の場として使うことは大切なことです。

そうした中で、趣味を作り、彼氏を見つけるという方法があります。

特に、身体を動かし、手軽にできるものから知り合うのが近道です。

野球やサッカーなどのスポーツ観戦。

山歩きやトレッキング、低い山を対象とした登山などがお勧めです。


6.ネットを使って彼氏を見つける

インドア派の人は、やはり、なかなか知り合える機会がありませんね。

それなら、ネットを使って共通の趣味や考えの近い人、同じ郷里の人や、逆に外国人など、幅広い人たちと知り合うことができます。

以前と違って、ネットのAIを使った性格判断などで、話題や相性の良さまでも科学的にマッチングしてくれます。

実際、ネットで知り合って、恋愛、結婚までいく人は、ますます増えています。

出会い系のアプリとしてお勧めするのは、PCMAX、ワクワクメール、ミントC!Jメール、ハッピーメールです。

婚活、恋活アプリとしては、pairs、楽天オーネット、youtbride、マッチドットコムです。


3.まとめ

社会人になると、仕事とプライベートのバランスが上手くいかず、彼氏が欲しいのに、作る時間が無いし、やがて面倒くさいと思ったりもします。

ここに挙げた恋愛のきっかけとなる場面の中で、自分に合うものを選んで、積極的にチャレンジしてみてください。

最後のネットで彼氏を探すケースでは、精神的に合致した相手を見つけることができるわけですが、やはり、実際に会って、本能の部分で彼として認めるかどうかが大切になります。

そこで、相手を気に入った場合、その男を落とす方法は、やはり、エロさとボディタッチ、さらに自分から誘い水を出すということになりますね。