マッチングアプリで素敵な男性とマッチして、せっかくデートの約束をしたのにドタキャンされてしまってはショックですよね。

特に女性の場合は、お化粧をしたり髪の毛をセットしたり準備に時間がかかるのに、その時間が全部無駄になってしまいます。

ではドタキャンされないためにはどうしたらよいでしょうか。

マッチングアプリのデートでドタキャンされないためにやるべきことについてお話していきます。

1.相手の会いたいという気持ちを考えてみる

マッチングアプリで出会った人は、本当はいけないことですが、実際に仕事の人や昔からの友人と比べてドタキャンしやすいのは事実です。

そこで考えてほしいのは相手がどれだけあなたと会いたいと思っているかです。

会いたいと思っている人の約束だったら、どうしても仕方がない場合をのぞいたらドタキャンしようという気持ちにはなりませんよね?

マッチしてなんとなく他愛ない話をして、ラインを交換して連絡が続いてるから会うということになった場合と、例えメッセージだけでもかなり盛り上がったり、趣味があったりして早く直接会って話したいから会おうとなった場合では、後者の方が確実にドタキャンをされる確率が下がるでしょう。

相手が自分に会いたいと思っているかどうか分からないなら、無理して会う必要はないでしょう。

もっとやりとりをして仲良くなってから会いたいということを伝えましょう。

2.会うまでに電話をする

ラインで無料の通話機能があるので、会う前に電話で話しておくのも良いでしょう。

顔は見えないかもしれませんが、話し方や話す内容で相手のことを知ることが出来ます。

電話をしてみても会いたいと言ってくれるようなら、ドタキャンされにくいでしょう。

3.相手にお店の予約をしてもらう

少し強引かもしれませんが、相手の男性にお店の予約をしてもらいましょう。

相手の方が予約をしていたら、もしドタキャンしたら電話がかかってくるのも相手ですし、断らなければいけません。

その日になってめんどくさいからとドタキャンしようと思ってもせっかく予約したから行こうと言う気持ちになるでしょう。

4.当日に日にちを決める

これも少し強引かもしれませんが、前もって日にちを決めているとドタキャンが心配だと言う人は、もう当日に時間があえばという形をとっても良いでしょう。

それならもう相手がその場所にいたり、自分もそこにいるのでドタキャンされたことにもならないでしょう。