中学や高校時代に憧れていた先輩に、街で偶然会い、先輩と付き合いたい、と強く思う時があります。

当時は、遠い存在に思えていたのに、今なら手が届くような気がする。

このチャンスを逃さないために、うまく先輩と近づき、恋愛関係に持っていきましょう。


1.先輩と後輩の関係はうまくいく

先輩と後輩の関係から恋人関係になることが、日本では多いですね。

それは、同級生の男子だと、子供っぽく感じ、恋愛対象にはなかなかなりません。

さらに、思春期の女性が持つ、大人になりたい、もっと背伸びをしたいという欲求も満たしてくれないからです。

男性も社会に出るとたくましくなるのですが、女性が望む、包容力ややさしさ、安心感やたくましさなどを身につけるには時間がかかります。


2.出会いから積極的に

かつては憧れの対象であっても、今は、もう少し冷静に見るようにしましょう。

あまりに好きすぎると、彼の方が引いてしまいますし、都合のよい女として利用されてしまいます。

「先輩に憧れていました」と最初に言うことがきっかけになり、大切なことです。

過去形として、かつては憧れていたということを宣言します。

しかし、今は、対等な立場で付き合いたいということを暗に示すのです。

ボディタッチもかわいく、積極的にいって大丈夫です。

自分に憧れていたということと、逆に積極的に来るというギャップに、先輩は、驚くとともに、あなたをかわいく感じ、魅力を感じるでしょう。


3.恋愛に発展させる

付き合う前のデートに誘うまでは、うまくいくと思いますが、そこから、恋愛に発展させるには、事前に先輩のことをいろいろ調べておきましょう。

それに対して、先輩と付き合いたいと思っているあなたが、どういうコミットができるかを考えておきましょう。

価値観の共有と彼にとって楽しい会話と時間がそこでできるわけですから。

彼が興味のあることや悩みなどを聞き出せれば、母親のように心配し、慰め、励ましてあげましょう。


4.落とすためにやること

先輩後輩の関係から恋愛関係に発展させるため、また、男を落とす方法として、女性の魅力を出さなければなりません。

2つポイントがあります。

肌の適度な露出と目元のメイクです。

背伸びしすぎると、イタく見えて、彼が引いてしまうので、注意しましょう。

先輩と付き合いたいと強く思ってしまうあなたは、どうしてもやりすぎてしまいがちです。

やり過ぎたかな、と思ったら、正直にそう言いましょう。

笑いで包むことで、エロさが薄まり、イタさも薄まります。


5.まとめ

先輩と後輩の関係から恋人の関係になり、さらに結婚にいたるという流れは、よくある話です。

ですから、最初は妹のように慕い、褒めあげて、次に母親のように悩みを聞き、慰めてあげましょう。

そして、最後にメスとしての自分を表現して、女として認めさせるわけです。