先生と付き合いたいと思っている人は多いと思います。

それは、多くの教師が地方公務員であり、給与も保証され、ボーナスや退職金なども保証されている、安定した職業であるからです。

また、大切な子どもを預かっているということからも、みんなから尊敬を集めている人なのです。


1.先生にとっての理想の女性とは?

先生というのは、職業柄、子どもと接している時間がほとんどです。

しかも学校という閉鎖的な環境の中で生活していると、一般社会との接触が無く、常識的な考え方や行動が苦手な人も多いのが特徴です。

どこか子供っぽいところがある反面、知的分野や得意分野では、プライドが高く、向上心もあります。

同じ職場の教師や同業種の女性と結婚しているのが多いのは、苦労を理解してくれて、フォローしてくれる、しかも、知的理解力もあって、甘えられるという点が望まれているからでしょう。


2.恋愛対象として意識させる

あなたが元教え子であったら、先生とコンタクトを取って、友達といっしょに近況報告をするという口実で呼び出すことは容易だと思います。

あなたが想いを寄せている先生は、みんなが狙っています。

その中で、自分をアピールして付き合うようになるには、誰にも負けない愛情と、彼の心をつかむテクニックが必要です。

必要以上に華美な化粧や服装は逆効果です。

あなたが立派な大人になろうとしていること、知識欲が豊富で勉強にまい進していることをアピールしましょう。

面倒くさいですが、これが先生と付き合う条件になるのでがんばってください。

そこまでやっても、相手は教育のプロです。

あなたにどれくらい理解力があり、この先どの程度まで教育水準が上がっていくかは、職業上見て判断しています。

ただ、その熱意に感動を覚え、それが愛に転化するのです。


3.落とすために安心させる

先生という職業は、世間や体裁を非常に気にします。

女性問題に限らず、トラブルによる否定的な風評がまわってしまうと、地域社会から排除されますし、職場でも、教師失格の烙印を押されてしまうからです。

ただ、ストレスが非常に多い職業でもあるので、絶対の安心感を与えることで、あなたの好意を受け止めてくれるようになります。

あなたに好意を寄せてくれていると感じたら、付き合ってください、と思い切って告白しましょう。

その時に重要なのは、決して先生を困らせるようなことはしないこと、誰にも気づかれないようにすることを念入りに説明しましょう。

この絶対に困らせないという保障こそが、先生という職業の男を落とす方法になります。


4.まとめ

堅い職業なので、あなたの魅力と誠意だけではダメで、慎重さと感情のコントロール力も必要になります。

先生が付き合うということは、常に結婚することを前提に考えています。

教育界という特殊な世界の中では輝いて見えますが、その中に飛び込んで、お互いに輝くことができるかどうかも常に考える必要があります。

先生のストレス発散の対象として、肉体関係のみで終わってしまうことも多いので注意しましょう。