マッチングアプリでは安全に男性と出会えることがほとんどですが、中にはやはり変な人や怖い人がいます。

これは職場や街中などどこで出会ってもあり得ることですが、知ってて損はないマッチングアプリで実際にあった怖い話について紹介します。

1.ヤリたい願望がすごい

女性の考え方からすると、初めて会った人と体の関係を持ちたいという気持ちを理解できないかもしれませんが、ヤリたい願望が全くない男性はいないと思って良いでしょう。

もちろん全員がその願望を出してくるわけではありません。ただそれを理性を持ってしっかり抑えることが出来るか出来ないかの違いです。

マッチングアプリでも残念ながら真剣な出会いではなく、ただ体の関係を持つためだけに利用している人がいます。

実際に体の関係を持つためだけの男性と出会ってしまった女性が、会った瞬間に人気のないところに連れていかれ、無理矢理ホテルまで連れていかれたということがあったそうです。

そういう男性もいるという意識を持つことが大事ですし、初めて会う時に人気がないところで会うのは避けた方が良いでしょう。周りに誰かいればまだ助けを求めることが出来ます。

またドライブデートをしようと誘ってくる男性もいると思います。

ドライブデートと言われたら楽しそうですが、車に乗ってしまうとどこに連れていかれるか分かりません。本当にそんなつもりがなく、純粋にドライブデートを楽しみたいという気持ちで誘っている人がほとんどだと思いますが、中には体の関係のためにドライブデートの誘いをしている

マッチングアプリで会った時に怖い思いをしないためには、人気が多い場所でお昼くらいに会うのが一番良いでしょう。

2.勧誘してくる

これは女性の方が多いというイメージがありますが、マッチングアプリでは男性も多いようです。

実際に会ってみたらとても感じが良い男性で魅力を感じたそうですが、それはカモフラージュに過ぎず、喫茶店なのでお茶を飲んでいると今やっているというビジネスの話をされたようです。

今ネットワークビジネスが流行っていて、それが成り立っているということは騙されたり引っかかっている人も多いということです。

強面の男性がやってきて、ビジネスについて何時間も勧誘を受けるということがあるそうです。

承諾するまで帰らせてくれないくらいの勢いで話されたりするので注意が必要です。

これは実際に会ってみないと分かりませんし、相手もそれを仕事としているのでメッセージのやり取りなどもとても丁寧でしょう。

きちんとお断りすればこちらに直接的な被害などはないかもしれませんが、あなたの時間がもったいないです。

また強面の人に脅迫じみたことをされたら女性だったらとても怖い思いをするでしょう。

マッチングアプリでもそういう目的で利用している人がいるということを、頭の片隅においておいて行動することが大事です。